アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
井坂あきらの奮闘記
ブログ紹介
市民の目線、汗を流して働く目線、マラソン好きの目線など、さまざまな角度から日常を綴ります。
zoom RSS

2月19日 東海第二発電所説明会

2018/02/20 11:24
 東海第二原発を運転する日本原電の標記の説明会が市内のホテルで午後6時30分からあり、出席してきました。この間の安全対策、20年運転延長申請等についての説明があり、質問の時間が45分とられた。質疑に関して録音や写真もだめというものでした。
10数人が発言。「北朝鮮がミサイルを原発めがけて発射するという事態を想定し、原発を守れるのか」という質問から始まり、「30`圏内に96万人が暮らしている。避難計画が立たない、住民の不安をなくすために再稼働はやめて欲しい」、「(苛酷)事故が起きたら住民は避難せざるを得ない、補償をするには多額の金がかかるというのが福島原発事故の教訓だ。原電が補償する考えをもって運転しているのか」「安全点検しており運転できると説明しているが、40年経っている老朽原発で危ない」、「経済的にメリットはあるのか」、「廃炉費用、安全対策の為の積立金がなくて1800億円必要だが確保できない事業所が20年運転延長するというのはいかがなものか」など出された。答弁についてはていねいに説明がありましたが、事業資金や経済的メリットのことになると不十分でした。ちなみに私も発言をしております。
 原電は、規制委員会から合格の認定をもらったら再稼働に突き進むでしょう。どこでストップさせるのかは「安全協定」の同意権の拡大が鍵を握るのではないでしょうか。

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


2月18日 町を歩く

2018/02/20 10:45
 湊のまち中心地で野菜を売る店が減ってきており、買いものに苦労しているという話を以前から聞いていましたが、近いうちに野菜を扱う店がやめるということを聞きました。これでは買い物難民が増えてしまい、生活に困ってしまうということで、何とか対策をとらなければと思いました。
 病気になる人の中でいろんな事情で生活保護を受けている方がいます。高齢者の方は車を持てないので歩いて病院に行く。転んでけがをしたり苦労が多い。薬の飲み方も指導を受けている。また、自立支援というものがあって仕事を探せということも求められていますが病弱者にはきびしいと云います。政府は予算において生活保護費をさらに切り下げるという苛酷な内容です。人は「健康で文化的な生活をする権利」があり、保障することをうたった憲法をもう一度見つめていくことが必要です。

 
 
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


2月3日 

2018/02/06 11:39
 戦争をゆるさない1000人委員会の取り組みで11時から水戸駅南口で「憲法改悪に反対する3000万人署名」行動があり、井坂も参加してきました。チラシを受け取る人は少ない、スマホをもって歩く人は殆ど見向きもしない。こういう中でしたが、演説も行い協力を訴えました。リレートークで水戸市議の飯田さん、鹿嶋市議の菅谷さん、私、県民会議の鈴木さん、女性会議の大高さんと訴え続ける。受け取っていただいた方もいるし、署名もとれたのが成果です。
画像

画像
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


1月28日 社民党旗開き

2018/02/06 10:47
 今年で66回になる勝田全国マラソンが今日です。寒いし、ランナーに元気で走れと声援しながら居ました。
社民党県連合の旗開きが午後に開催されるので、そちらへも向かいました。全国連合の又市幹事長を迎えての講演、レセプションと忙しかった。又市幹事長は2月の大会で党首に就くことになっていますが、今日の話で政治状況が分かってきました。下の写真は私が司会をしているときのものです。

画像
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


1月23日 雪が降りました

2018/02/06 10:40
 昨夜来から降った雪が15センチくらい積もった。玄関前の雪かき、知人宅前と車がスリップして困っている方のところで3軒分の働きをしてから、自宅の屋根に積もった雪下ろしをしました。最初は調子がよかったのですが、足が滑って落下した。あっと言う間の出来事で、気がついたら車の屋根のうえに足がのっていた。命綱をしないでの作業はあぶない。命拾いしました。大汗をかきました。

画像
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


1月19日 百里基地

2018/02/06 10:30
 小美玉市の道の駅「そらら」に月に1回くらいは行きます。だが、今日は違います。百里基地で日米共同訓練が22日から行われるので「共同訓練反対」の要請に行きました。平和擁護県民会議の取り組みで、11時30分から始まりました。
お謹話ではヘリコプターの窓が小学校の校庭に落下し、危険であること。百里でも古い型の戦闘機で訓練が行われることは危険が伴い、住民が死にさらされる。申し入れは鈴木博久代表が行い、社民党からは私があいさつ。ここでは「ひたちなか市に住んでいても低空飛行で騒音がすごいこと、学校の授業中に影響を受ける」ことを申し述べてきました。
 この訓練は、アメリカ側の都合で中止になったとあとで知りました。

画像
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


1月11日 安全協定に関する首長要請行動

2018/02/06 10:15
 東海第二原発の20年運転延長に関して再稼働はしないように求める要請行動があり、6市村の中で、ひたちなか市長への要請があり私も参加しました。茨城平和擁護県民会議などの団体が中心となって、原電の考えている新協定と事前協議の拡大(同意権)について、広域避難計画の策定状況と考え方など意見を交わしました。同意権の拡大に関する文案は不十分でいまは明らかに出来ない。広域避難計画は単独事故だけでなく、地震等を含めた複合災害のケースを策定していかなければならないという考え方も示されました。
画像

画像
画像
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


続きを見る

トップへ

月別リンク

井坂あきらの奮闘記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる